熱い夏が始まります!

個別指導の学習空間、青梅東・東大和教室の谷中です。

ここ数日、太陽の光を浴びていないな~・・・なんて思ってたら
ここ数日は日照時間が3時間もなかったらしいですね。
天よ!私に恵みを!!(洗濯物が乾かないのです・・・)

さて、いよいよ「暑い、そして熱い夏」が始まりますよ!

この夏休み(夏期講習)の過ごし方で、
今後の成績に大きな違いが出てきます。
中3生・高3生ならそれが受験にも大きく影響してきます。
夏期講習を有意義なものにする為に守ってもらいたいことをいくつか、
お話しておきますね。

①生活のリズムをつくる

ほとんどの受験生は部活も引退しているはず。
空いた時間をどう使うか、計画を立てよう。
例えば、午前中は9時~12時まで昨日の復習、
午後1時~4時半まで夏期講習で1・2年の復習、
5時からは2学期の予習、みたいに。

これだけで学習時間は9時間です。
え?そんなにできないって!?

受験生の諸君。「できるか、できないか」ではなく、
「やるか、やらないか」なのですよ。

まさかとは思いますが、学校が休みだからと言って、昼間で寝てる・・・なんてことのない様に!

②自分の目標をつくる

勉強は誰かにやらされるものではありません。自ら取り組んでいかなければ効果は望めないでしょう。

だから、自分「だけ」の目標をつくりましょう。
小さなことでもいいです。
でも、絶対に達成する!という気持ちを持って夏に向かいましょう。

③塾を休まない・遅刻しない

一日サボるだけで学力はとても大きな差となって帰ってきます。
僕らはそれを毎年見てきています。
夏に毎日頑張った子、そうではない生徒。結果は、わかりますよね?

一日を大切に!

④高校見学は積極的に

この高校に行きたい!こんな高校生になりたい!

そう思えた受験生は強いです。
まだはっきりと志望校が決まっていない生徒はこの夏で確実に決めよう。

受験生はこの夏期講習で今までにないくらい勉強するはず。途中で辛くなることもあるかもしれません。でも、それは一人ではありません。周りのみんなも頑張っている姿を見ると、不思議と頑張れるのです。そして、自分がこんなに出来るんだって自信にもなるはず。それがこれからの受験勉強の大きな支えになるはずです。

この夏は、最後までやり切ろう!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA