東村山南教室

テストあってこその勉強

みなさんこんにちは、個別指導塾の学習空間東村山北教室の堀田です。

さて、北教室は東村山第二中学校、第六中学校ともにテスト期間です。
今週中にどちらも中間テストが終わります。

ということで、今日、明日とテスト対策の真っ只中です。
今回はほとんどの生徒が提出物を完了しており、前日は最終チェックをじっくりできるかなという、非常に良い状態です。

特に中学3年生は力の入り具合が違いますね!
特にS君は同じ問題を家でも必ずやり直してくるのでとても素晴らしいです。

中間テストが終わったら今度は検定対策で忙しくなりますが、
テンションを高くして楽しみましょう。

それでは失礼いたします。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

国語の「俳句」

みなさんこんにちは、個別指導塾の学習空間、東村山北教室・東大和教室の堀田です。

6月も最終週です!

まず、先月からY中先生と取り組んでいたダ○エット企画は失敗に終わりました…

そして久しぶりに自分の横顔の写真を見たのですが…

いや~、雪だるまでした。大きい丸の上に小さい丸が乗っている感じでした。

この写真をダ○エット開始前に見ておけばよかったと後悔していますが、もう一回挑戦しようと思います。

さて、定期テスト対策真っ只中ですが、今回の中学三年生の範囲に「俳句」が入っています。

季語だとか切れ字だとか難しそうに感じますが、俳句って非常に無駄がない文章ですよね。

例えば「夕日が沈む」という言葉であれば「夕日」だけで「沈む」というのは想像できると思います。

とすると、「し」「ず」「む」で十七文字中の三文字をもっとよい言葉にできるかもしれません。

あるいは、あえて「沈む」を残すことで意味を持たせるのかもしれません。

テスト勉強でもありますが、その合間に「言葉遊び」であることもちょっと気にしてみてください。

最後にご連絡申し上げます。

現在、保護者面談日程の調整をしております。

ご提出順に受け付けておりますので、お早目のご提出をお願い致します。

テスト明けの一休み

皆さんこんにちは。個別指導塾の学習空間、東村山北教室・東大和教室の堀田です。

まずは、両教室で中学生の定期テストが一段落しました。

定期テストではなく「単元テスト」という形式の所もありました。

範囲も前学年の所が含まれる学校もあれば、新しい範囲のみで細かい内容が出た学校もあります。

特に数学は皆さん手ごたえを感じられたようで結果が楽しみです。

(尚、高校生はテスト期間に入り、とてつもなく頑張っている所です!)

ともあれ、次回のテストまで一月ばかり時間があります。

部活もシーズンになるので、何をするにも「時間が無い、忙しい」と口に出るようになると思います。

私達も「部活より勉強」とは思いませんが、「部活と『同じくらい』勉強」と考えています。

昼間が暑い日もありますが体調を整えて、勉強は学習空間で集中してやってしまいましょう。

いよいよ始まります!

個別指導の学習空間、青梅東・東村山北教室の谷中です。

1月に入って寒い日が続いていますね。夜、自転車で帰宅する際には本当に寒い・・・
手袋、マフラーを2重にしないとヤバいんですorz(高校生のCさん、手袋、買おう・・・)

そして、この寒い季節が始まったということは、いよいよ受験シーズンに突入です。
先日、私立高校の推薦入試の結果が出ました。

合格した生徒たち 本当におめでとう!
今まで頑張ってきた成果が、結果として還ってきましたね。
ただ、これがゴールではありません。もっともっと努力を続け、自分を磨いていこう!
これから受験を控えている仲間たちの応援団になってあげて下さい。

さて、今日は青梅東教室では中3生・高3生の受験生に混ざって、
中2生のみんなが模試を受けてくれました。
今現在の学力を把握するために、普段以上に奮闘する姿は新鮮でした。
これからは常に自分の「目標」との差を考えながら勉強していきましょう。
君たちの出番はすぐに来ますので・・・

最後に、生徒のみんな。体調管理には気をつけよう。
教室にアルコール消毒が置いてありますので、通塾・帰宅時には必ず使うようにして下さい。
マスクも常備してありますので、気になる生徒は申し出ること。
谷中は予防接種、2回受けましたよ?気を付け過ぎることはありません。
とにかく、暖かい服装で万全の体調を!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

いよいよテスト直前に!!

個別指導塾の学習空間、羽村教室・東村山南教室の中島です!

今ほとんどの教室でテストに向けて日曜日でも開講していることと思います。
それは中3生にとって内申が決まる最後のテストだからです。

1・2年生は大事じゃないわけではありませんが、
1・2年生は来年再来年自分たちもこうなるということを今のうちしっかり見ておきましょう!!

3年生はこのテストを乗り切ればほぼほぼ終わりですが、
ここからが入試に向けての第2ラウンドです。

第1ラウンドは夏休みにどれだけ1・2年の復習をし、弱点を克服できたか?でしたが、
これからは入試に向けて、まだ学校ではやっていなところ(例:三平方の定理など)を含め
いかに予習と入試に向けれの問題をこなしていけるかです。

まだまだ先は長いですがもう都立一般入試まで100日を切ります。
自分の実力と志望校との差や時間との焦りで自分を追い込むことと思いますが、
気持ちで負けず、目標に対し妥協せず進めていきましょう!!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

★I💗Kanji★

個別指導の学習空間 東京多摩北エリア 羽村・東村山南教室担当の宮川です。

10月は検定試験の月です。英検・漢検・数検があり、中学三年生にとっては、ラストチャンスとなりました。

受験生たちが頑張っているのを見て、私も漢字検定受けようと一か月前に決意しました。

試験を通して、練習不足を感じました。2級を受験したのですが、普段使わない漢字が6~7割ほどあります。

読みはそこそこわかりますが、書きはかなりの難易度があります。やはり便利なスマホに慣れきってしまっていて、しかも最近のスマホは予測変換も充実しており

読み方がわからなくてもスイスイと検索できてしまいます。

四字熟語に関しては、ほぼ見たことが無いようなものが並んでいます。宗教的に使う言葉であったり、そもそも漢字が難しかったりととても苦戦しています。

正誤問題も、間違っているのはわかる・・・でも書けないというものが多いです。

厄介なことに、三級や準二級は合格点が200点中140点に対し、二級は200点中160点と上がってしまいます。難易度が上がる上に、合格ラインも引き上げられるので、

中々のハードルの高さです。漢字が得意な人には訳ないのかもしれませんし、一級に合格する人も居るので、

『がんばれば合格できるライン』が漢検二級ではないでしょうか。

実際、すでに手ごたえ的に不合格なのはわかっています。すでに次回に対しての練習と復習をしていこうと決意しています。

漢字練習って面白いし、四字熟語の成り立ちなどを調べるとなるほどなということもあり、

 I 💗 Kanji.
東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

あと210日・・・

個別指導塾の学習空間、羽村教室・東村山南教室の中島です!

前期途中か1学期が終わり、夏休みに入ったばかりと思います。

ほとんどの生徒の皆さんは夏期講習か
いつもの授業で皆さんと会っているのでいつもと変わり映えのない毎日かと思います。
そして7月中には学校の宿題が終わるように一緒に頑張っていきましょうね!!
1・2年生は夏期講習で1学期の復習を!!
3年生は勿論1~3年の内容を基礎からしっかり押さえていきましょうね!!

また2・3年生は高校見学が夏の宿題になっているところが多いとは思いますが、
スケジュールを調整して、体調には十分注意して高校見学に行ってきてくださいね。

そんな高校についてですが、平成31年度の都立高校の一般入試が2月の22日、合格発表が3月1日
と5月24日に東京都教育委員会から発表されており、一般入試まで210日を切ってしましました!!

正直ほとんどの3年生は実感がないと思います。
普通はそうですし、今回が受験初めてという生徒がほとんどだと思います。
どうしたらいいか不安ですし、高校のことがわからないと思います!!

だからこそ我々先生に聞いてください!!

ただ勉強でわからないことだけを聞くのではなく、
高校のことについてや、その先の大学のことについていろいろと聞いてみてください。

そして先のことを少しでもいいです考えてみましょう!!

多摩北:東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

W杯に勉強の真意を学ぶ!

こんにちは、学習空間 羽村教室・東村山南教室の宮川です。

W杯もいよいよ大詰めとなりました。日本は残念ながら負けてしまいましたが、最後の試合もとても熱く、本当に勝てる!!
と思っていました。なかなか忘れられないくらい良い試合を行った日本ですが、僕自身はサッカーにほとんど興味がありません。(ありませんでした)

W杯も見るつもりはなかったのですが、やはり生徒・講師と話していると話題として上がりますよね。

僕が知っている選手と言えば、ロナウド・ネイマール・メッシ・ホンダくらいでしょうか。その他の選手は残念ながら名前と顔が一致しません。
そんな中、他にも素晴らしい選手が居ると聞きました。それは、ルカクという選手。初めて見た時はその速さと大きさに驚きましたが、どうやら
あだ名は『冷蔵庫』と聞いて大変興味深くなりました。
皆さん、人間のあだ名の中で『冷蔵庫』というのはどうなんでしょうか。冷蔵庫って一家に一台ある、あの大きくて全く動かせない、生活必需品ですね。面白いあだ名をつける人がいるものだと感心しております。

きっと、冷蔵庫のように大きくて多少のタックルでは動かないという意味でしょう。素人の僕にでもわかりました。
いまや、そんなルカク選手を見たくて仕方ありません。

それともう一人、エムバペという選手も初めて知りました。これも生徒から聞いていましたが、実際に試合を見て華麗にゴールを決める姿に驚きました。
残念ながら、どの試合を見たのかは覚えていませんが、立て続けに2ゴール奪った印象が大きいです。
19歳で、若き天才と言われているそうです。まだまだ先が長いので今後もとても楽しみです。

さて、W杯に学ぶと書きましたが素人目線で言うと日本とベルギー戦にて
僕はホンダ選手の投入をもっと早くと思っていました。最後の15分くらいしか出ていなかったと思います。
これが僕の中では理解ができなかった所です。
簡単に言うと、唯一と言っていい知っている有名な選手、ホンダ選手は当然日本のトッププレイヤーだと認識しております。
そんなホンダ選手をもっと早くから投入していれば、違う結果になったのではないかということです。
色々と皆に聞いて回りました。スタミナを考慮したとか、流れが良かったからとか。私を納得させるにはまだまだ足りません。
西野監督に直接聞ければ良いのですが、そうもいきません。結局憶測しかできず、答えが見つからないままとなりました。

学んだことは、人は口に出してこそ真意が伝わるものだ  ということです。
学生の皆も、気になったことはどんどん聞くべきだと思います。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

早いもので一ヶ月半です。

個別指導塾の学習空間、羽村・東村山南教室の中島です!

 学年が新しくなり1ヶ月半が経とうとしています。
新中学1年生は、小学校と違い環境の変化について行くのが精一杯の事と思います。
また新中2・中3年生は昨年までの経験を生かし新たな目標を立てて進んでいる事と思います。

新高1生は、中学での生活がどれほどヌルい事であったと思い知らされたのではないかと思います。
また新高2生は次のステップに向けて目標を立て始めている事とでしょう。
そして高3生は自分が立てた次のステップへの実現のためにすでに動いている事でしょう。

皆さんそれぞれ学年が変わりこの1ヶ月半でだいぶ変わったことでしょう。
新高1生は、今までの生活スタイルや行動範囲が変わり、今まで見慣れた風景が少し変わって見えているでしょう。
特に新中学1年生は、勉強では授業の時間や、ほぼ毎日ある部活と勉強との両立、
そして定期テストという「海の物とも山の物ともつかぬ」数値で出てしまうプレッシャー。
小学校ではテストと言ってもそんな大したものではないと思っていたっことでしょうが、
中学ではテストの扱いが変わりとても大事なものです。
(ちなみの高校では中学以上にテストが大切になります。なんでそんなに大切になるのか知りたいなら先生に聞いてみよう!)

中学の初めてのテストを経験した生徒、してない生徒皆さんに言っておきますが、
中学1年の1回目のテストはそんなには難しくはありませんのでその点数の高さに喜ばないでください。
問題はその次のテストなのです。
「1回目がこんな簡単だったから次も楽勝でしょう!」と決して思はないでください!!

身近な先輩に聞いてみてもいいです、1回目のテストと2回目のテストでは「難しさが急に上がる」と答えてくれると思います。
なのでテストを甘く見ないでください。

1回目のテストを経験した生徒は次のテストに向けて気を引き締めてテスト勉強に取り組む必要があります!
まだ1回目のテストを経験してない生徒はどんなものなのか先輩に聞いてみるのもありですし、
何より先生に聞いてしまうほうが正直明確ですので、
どんなことをしたらいいのか?テスト勉強って何なのか?なんで気を引き締める必要があるのか?
わからないときは先生に聞いてすぐに解消していこう!!

新高1生も同じですので、何が違うのか?どうしたらいいのか?
わからないときは先生に聞いて不安を解消してテストに取り組んでいきましょう!!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

新年度が始まりましたね。

個別指導塾の学習空間、羽村・東村山南教室の中島です!

 

時が経つのは早いものでこの前受験が終わったなと思ったらもう卒業式、だと思っていたらもう入学式と、

正直自分の体感時間が早くて自分い老いを感じている今日この頃ですが…

 

それはさて置き、入学式が来ましたので新年度のスタートです。

学校によっては前学年の確認テストを行う所や、5月の中間テストを行うところ・行わないところ色々だとは思いますが、

いつ何時でも我々は生徒みんなの味方ですので、テスト等に不安があったらまずは来て相談することです。

来ないでひとりで悩むのが一番もったいないです。

在校生だけでなく卒業生も分からない時はすぐに来ること!!

 

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/tokyo/”>東京多摩の塾なら個別指導の学習空間</a>