2016年 9月 の投稿一覧

9月も終わり・・

個別指導塾の学習空間 多摩南・八王子四谷教室の上條です!

ものすごーく久々のブログ更新となり、すいません。これからはもっと更新されていくと思います!

さて、八王子では、四谷中・横川中の中3生が、修学旅行から帰ってきました。

少し天気も悪かった日もあったようですが、きっと楽しい貴重な体験になったと思います。

ここから中間テストがすぐやってくる時期なので、勉強に切り替えてまた頑張るのが大事ですね!

城山中・楢原中・長房中は、中間テストは終わっていますが、期末テストにむけ、今のうちからコツコツ取り組みましょう!

この秋は、どの生徒も勉強の秋にしてもらいたいと思います。

次にブログ更新するころは、もっと涼しくなっていますかね?

それまで、サラバ!!

多摩 :東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

まずは王道をやってみる、それから考えても遅くはない

個別指導塾の学習空間 東村山教室・東大和教室の堀田です。
皆様お久しぶりです。

さて、前回の私の投稿で模試の見直しについて取り上げました。
そろそろ「一回は模試を受けた」という方が増えてきたと思います。
そして、判明した弱点に対して対策を講じてきたと思います。

今回はその中で、「よくある受験テクニックだけど自分には難しい」ものに出会った時の考え方です。
例えば、「国語は設問や選択肢を見てから問題を解く」というものがあります。
受験テクニック本や受験雑誌、塾や予備校でもしょっちゅう言われ、至極当然のようになっています。
確かに、これができれば効率的かつ短時間で進めることができるでしょう。
もし、仮に合格者のほとんどができるのだとしたらできない場合のハンデは大きいでしょう。

この場合、この「テクニックができる」というのが「王道」になるわけですが、
「やってみた」が「できなかった」、「自分に合わない」場合の考え方です。

まず、「やってみた」のはすごいことです。「王道」に挑戦し、自分に合うかどう「かわかるまで」やったのです。
「わかった」から「じゃあ、どうしようか?」と前進しています。

さて、国語の話に戻りますが、私は中学生の時には、このテクニックを使えませんでした。今でもこのテクニックは好きではありません(個人的にですよ!)。
そこで「読むスピードを上げる」ことにしました。テクニックを使う人が1回読む時間で2~3回通読できるくらいまで、数をこなせばもちろん速くなります。
数ある「じゃあ、どうしようか」という考えの一つに過ぎませんし、国語の一例に過ぎませんが、思い当たる方はちょっと考えてみる、もしくは教室の先生に「先生はどうやってきたのか」と聞いてみると何かヒントがあ見つかるかもしれません。

涼しくなり勉強もしやすいですが、体調を崩さないように皆で気をつけていきましょう。
それでは失礼いたします。

修学旅行そして中間テスト!

個別指導塾の学習空間、青梅東教室の佐藤です!青梅東教室と羽村教室担当です!

皆さんこんにちは。

まずはテストが終わった子はお疲れ様でした!結果は当然良い方がいいですが,それよりもテストに向けてしっかりと目標を立て,それに向かってギリギリまで自分を追い込んで頑張れたかどうかが結果以上に大切であると私は思います。
またこれからテストを迎える子,特に3年生は修学旅行があり,帰って来て約1週間後に学校のテストが始まるので,旅行前までに学校のワーク類は最低でも2周以上は終わらせておかないと悲惨な結果になることが予想されます(笑)そうならない為にも旅行前の今の時期がとても大事な時期となるので,体調に気を付けながらも頑張って仕上げていきましょう!そして中学生活最大のイベントである修学旅行ではテストのことは忘れて存分に友達との思い出を作りましょう!!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間