東大和市

10月だ!

個別指導の学習空間、青梅東・東大和教室の谷中です。

最近、随分過ごしやすい気候になってきたなぁ・・・って気付いたらもう10月ですね。
今年もあと3カ月足らず。いよいよ本格的に受験シーズンに突入です。
季節の変わり目は体調を崩しやすいですし、
もう少しするとインフルエンザも流行り始める時期です。
受験生は模試もありますから、余計に注意が必要です。
不特定多数の集まる場では風邪菌をもらいやすいので、
うがい・手洗いを徹底しましょう。

さて、ちまたでは「ラグビーWカップ」が盛り上がっていますね。
僕も日本戦がある日は帰宅してから必ず再放送を観戦しています。
特に試合前の「ハカ」。あれは見てるだけで興奮しますね!!
元は戦いに行く際に自軍を鼓舞し、士気を高めることが目的だということです。
僕も指導前、やってみようかと思います!

青梅東教室でもある(Nさん・Mさん)姉妹が「チョコレートを食べた」ことで
戦い(!?)をしていました。そのまま放っておけば、きっと2人で「スクラム」みたいに
なるんだろうなぁ、なんて考えて爆笑している今日この頃です・・・

日本 頑張れ!
受験生 頑張れ!
谷中も(ダイエット)頑張ります!!

あ、青梅東教室の皆さん。今年はハロウィン、やりますからね~♪
覚悟(!?)しておきましょう!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

部屋の片付け

個別指導塾の学習空間、青梅東・東大和教室の池田です。

主に来月中旬に今期最初の定期テストがありますね。GWをどのように使うかが運命の分かれ道となりますね。

さて、私には恒常的な問題があります。

「体重でしょ?」

いや、たしかにそれは問題ですが、それはまた別の機会にするとして、

『自らの部屋の片付けができていない』

これが今一番の問題です。片付ければいいだけなのですが、なかなか捨てられない・・・ そして物は増える・・・

昨今、「断捨離」という言葉をよく耳にします。某先生はその理想形を追求していると聞きます。

そこで、まずは「捨てる意識を持って常に行動してみよう」と考えました。

色々と読んでいると、捨てようと頭に浮かべないことがそもそもの問題らしいです。

また、何を捨てるべきかを悩みますよね。トリアージ、とまでは言わないにしても、優先順位をつける決断力は何においても必要ですよね。

先日も少し捨てたのですが、GWにもがんばります。何かよい方法があったら教えてください!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

明日から9月ですね

個別指導塾の学習空間、青梅東・東大和教室の池田です。

 今日、教室に向かおうと思ったときに、ふと「上着がいるな・・・」と感じました。8月最終日に上着を意識したのも久々だな、と思います。週末からはまた気温が戻るらしいですが、寒暖の差で体調を崩さないように注意したいですね。

 9月に入ると、中3生は学校によっては修学旅行があります。皆さん、準備はOKですか?

 「調べ物もしたし、持ち物もOKですよ」

 いやいや、せっかく遠方に行くのですから、規則に反しない程度にお土産のリストアップやら史跡以外のみどころなど、色々と知識を仕入れておきましょう。何も調べずにとりあえず現地に行って、ほとんど何もせずに帰ってしまった経験のある私のようにならないように・・・

 中2生以下はまた通常の学校生活に戻ります。夏休み中に、人によってはかなり生活のリズムが崩れてしまった人もいるのでは? まずは早寝早起きにしてペースを取り戻しましょうね。

 勉強に関しては、2学期制の学校では9月中旬に前期期末試験があります。3学期制の学校でも9月末に2学期中間試験がありますね。これまでの、「自らテスト前に行ってきた勉強とその結果」について十分に分析し、「自分に何がどれだけ必要なのか」をしっかり考え、認識してください。やみくもに「がんばった」だけでは同じような結果を繰り返すことになります。自ら考えることで、勉強に関する目標を明確にできます。是非よく考えて日々過ごしてほしいと思います。

 共にがんばっていきましょう!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

夏はあっという間に過ぎていくもの

個別指導塾の学習空間、青梅東・東大和教室の池田です。

夏期講習も前半が終了しました。ここまで学習してどうだったでしょうか? 
疲れが出てくる頃でしょうか?

夏の前に話しましたが、中3生にとっての夏は、1,2年生の復習をしっかりできる最後のまとまった時間と言えます。復習をしっかり行うことで模試や入試での基盤を作り上げる、これが大切です。ここで手を抜けば必ず後悔します。是非もう一度自らの目標を思い返して、後半しっかりやり遂げましょう。

また、夏休みの宿題は大丈夫ですか? 成績に直結する提出物をやるのはもちろんのこと、その実施内容の「質」についても手を抜くことのないようにお願いします。

まだまだ夏の暑さは続きます。風邪等、体調管理にはお互い十分に注意しましょう!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

まずは王道をやってみる、それから考えても遅くはない

個別指導塾の学習空間 東村山教室・東大和教室の堀田です。
皆様お久しぶりです。

さて、前回の私の投稿で模試の見直しについて取り上げました。
そろそろ「一回は模試を受けた」という方が増えてきたと思います。
そして、判明した弱点に対して対策を講じてきたと思います。

今回はその中で、「よくある受験テクニックだけど自分には難しい」ものに出会った時の考え方です。
例えば、「国語は設問や選択肢を見てから問題を解く」というものがあります。
受験テクニック本や受験雑誌、塾や予備校でもしょっちゅう言われ、至極当然のようになっています。
確かに、これができれば効率的かつ短時間で進めることができるでしょう。
もし、仮に合格者のほとんどができるのだとしたらできない場合のハンデは大きいでしょう。

この場合、この「テクニックができる」というのが「王道」になるわけですが、
「やってみた」が「できなかった」、「自分に合わない」場合の考え方です。

まず、「やってみた」のはすごいことです。「王道」に挑戦し、自分に合うかどう「かわかるまで」やったのです。
「わかった」から「じゃあ、どうしようか?」と前進しています。

さて、国語の話に戻りますが、私は中学生の時には、このテクニックを使えませんでした。今でもこのテクニックは好きではありません(個人的にですよ!)。
そこで「読むスピードを上げる」ことにしました。テクニックを使う人が1回読む時間で2~3回通読できるくらいまで、数をこなせばもちろん速くなります。
数ある「じゃあ、どうしようか」という考えの一つに過ぎませんし、国語の一例に過ぎませんが、思い当たる方はちょっと考えてみる、もしくは教室の先生に「先生はどうやってきたのか」と聞いてみると何かヒントがあ見つかるかもしれません。

涼しくなり勉強もしやすいですが、体調を崩さないように皆で気をつけていきましょう。
それでは失礼いたします。

坊っちゃん

個別指導塾 学習空間 東京多摩エリアの宮川です。羽村教室と東大和教室担当です!

タイトルの坊っちゃんですが、すべて読んではいません。文学に触れる機会はあまりなかったので幼少のころはあまり興味が無かったというのが本音です。

しかし、中高生の国語の教科書を見ていると昔の文学作品がよく出てきます。

坊っちゃんやこころ、走れメロスなど。教科書に書いてあることは断片的な内容でありますが、教科書を借りて読んでみると

これがまあおもしろい!!このあとどうなるんだろうと思ってしまいます。

買ってぜひ読んでみたいと思える本ですね。若い時に読んでいれば、大人になって読んだ感想とどう違うのか、自分の成長も実感できたと思い、

とても残念ですが今からでも遅くはありませんよね。

ということで、学生のみなさんはスマホをいじる時間があれば文学作品に触っておいてもらいたいと思います!!

いや、本当におもしろいですよ!!!

多摩・羽村の塾なら個別指導の学習空間

テスト!

個別指導塾 学習空間 東京多摩エリアの宮川です!

みなさん!テストが終わった人もいれば、テストがこれからの人もいますね!

テストいかがだったでしょうか?
年度が変わりテストを作る先生も変わったりで、予想がつきにくいのが一番初めのテストです。 あとは先生が気合入れてテストを難しくしすぎたりなんてこともよくありますね。

単純に点数が上がった、下がっただけでなく平均点も考えて今回のテストはどうだったかな?と分析しましょう。平均点が低ければたとえ自分の点数が低くても落ち込む必要はありません。難しいテストだったんだな、じゃあ次回はこうしようと計画も立てれてきます!

テストの分析は学習空間の講師にお任せくださいね!

多摩・羽村の塾なら個別指導の学習空間

東大和教室オープン

個別指導塾の学習空間 東京多摩エリアの宮川です。羽村教室と東大和教室担当です!

オープンして一カ月がたちました!

まだ生徒募集中ですのでフリーダイヤルにお電話ください!

今現在率直に思うことは、初めて会ったときよりみんな成長してきているな!と感じることです。
初めは勉強のやり方やモチベーションがあまりないなんて子もいたのですが、
やはりこちらが何をすれば良い(自分の力になる・成績が上がる)のかをしっかり提示してあげることによって、
生徒たちも道が見えたという印象があります。
やるべきことが明確になるとおのずとそれに向かって走っていきます。そのサポートが我々塾の講師だと思っています。
結局、自分自身で勉強して身につけていかなければテストの点数は取れません。
そして一度身に付いたものは一生忘れることはありません! 小中高校生のみんなには勉強ってこうやるんだと知っていただきたいのです。
それが社会人となったときに必ず活かされてきます。

たとえば、小さいころからわからないところは全部人に聞くスタイルを取っている子がいるとします。
聞けない時はわからないままになってしまいます。これでは社会人になった時に大変苦労するでしょう。
つまり自分で動いて行動し、解決策を見つける『やり方』が身に付いていないのです。そうすると私はいわゆる『指示待ち人間』になってしまうのではと恐れています。

そうではなくて、わからないところやできない所をまず自分でチャレンジして・調べて・解決に向かっていくスタイルは社会人になってからも大きく役に立つと思っています。
自発的に動くことで何かを見つけることができるようになっていきます。これが今の社会に必要なことではないでしょうか!?

そういった子たちを育てていきたいと考えています!!

固くなってしまいましたが、次回はもう少し軽い内容にしますのでこうご期待!!
多摩・羽村の塾なら個別指導の学習空間