東村山

平成もあと少し・・・

個別指導の学習空間、青梅東・東村山北教室の谷中です。

平成も残りあとわずか・・・少しさみしい気もしますね。
(ギリギリ?!)昭和生まれの谷中はとうとう3元号めに突入です!
平成では何も考えずにやりたいことを突っ走ってきたので、
次の令和では・・・

やっぱり突っ走りましょう!!

新学年が始まってから2週間。もう生活のリズムは掴めましたか?
特に中1のみんなは勉強の教科も増えて、
部活も始まって大変になってくる頃かも・・・
そんな時こそ睡眠や生活リズムを整えて、充実した日々を送りましょう。

さて、話は変わりますが・・・今回もやります!

え?なにを?

そう。恒例の「ダイエット企画」です!!!
去年は大失敗でしたね・・・もうマロニーちゃんは食べません!

ただ、今回は一緒に闘ってくれる仲間が増えました。ね~、H田先生♬
心折れそうになっても、一緒に頑張りましょう!

そして青梅東・東村山北のガールズたち!!

見てろ~!絶対みんなより細くなってやる!!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

いよいよテスト直前に!!

個別指導塾の学習空間、羽村教室・東村山南教室の中島です!

今ほとんどの教室でテストに向けて日曜日でも開講していることと思います。
それは中3生にとって内申が決まる最後のテストだからです。

1・2年生は大事じゃないわけではありませんが、
1・2年生は来年再来年自分たちもこうなるということを今のうちしっかり見ておきましょう!!

3年生はこのテストを乗り切ればほぼほぼ終わりですが、
ここからが入試に向けての第2ラウンドです。

第1ラウンドは夏休みにどれだけ1・2年の復習をし、弱点を克服できたか?でしたが、
これからは入試に向けて、まだ学校ではやっていなところ(例:三平方の定理など)を含め
いかに予習と入試に向けれの問題をこなしていけるかです。

まだまだ先は長いですがもう都立一般入試まで100日を切ります。
自分の実力と志望校との差や時間との焦りで自分を追い込むことと思いますが、
気持ちで負けず、目標に対し妥協せず進めていきましょう!!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

好きなことをやる、ということ

個別指導の学習空間、青梅東・東大和教室の池田です。

昨今、「自分の好きなことをやりたい」「人生は自分の生きたいように生きる」などとよく言われます。

日本は憲法で様々な権利が認められています。思想や職業ももちろん自由です。なので、自分の好きなことを好きなように行うのは自然ではあります。

ただ、条件はいくつかあると思います。

1.生きるための糧はもちろん自分で用意しなければならない

 自分の好きなことをやるためにかかる費用・時間は自ら得なければなりません。もちろん、「賛同者がおりその人からの支援を受ける」などというのも良いことですが、そのためには納得させるだけの理由や説明が必要となります。また、そうした支援がないのであれば、自ら稼がないといけません。お金が勝手に空から降ってくる、なんてことはないのですから。

2.好きなことをやっている間、他のことと両立するのはとても大変

 例えば中高生であれば「学校」や「受験」がついてまわります。そうしたものを両立させるためには、相応の才能・努力・根気が必要だと考えます。楽な方に逃げる、というのは簡単ではあるものの、他方を犠牲にするわけですから、そのあとで取り返しのつかないことになります。そんな中途半端な生き方をする人間を、周りは認めてくれません。

3.親からの支援は永遠ではない

 特に幼少期においては、親が何でもしてくれる、と考えます。でも人間には寿命があります。たとえ十分な支援が受けられていて好きなことをできる環境にあるからといって、もしそうした人間が後ろ盾を失ったらどうなるのでしょうか? おそらく自分でどうこうする術もなく、その時になって困り果て、しかし世の中というものは表向き優しそうにみえて現実は冷酷です。無駄なものに世話をやく人などごく少数です。

 学生時代というのは「学業に精を出してよい」というある種特別な時期でもあります。好きなことを他の誰よりも負けないくらいやり込む、というのであればその後につながるとも思いますが、単に楽な方に流れてしまっては、学業はおろか、その後の人生で取り返しのつかないことになります。

 「好きなことをやるんだ」と豪語する方、本当にそれで大丈夫ですか?

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

生活リズム、大丈夫?

個別指導の学習空間、青梅東・東村山北教室の谷中です。

暑っつっ!夏真っ盛り!今日も外は暑いです。おかしくなりそうですね。
幸い学習空間生には熱中症の生徒は出ていませんが、部活を一生懸命に頑張っている生徒が
たくさんいますので、熱中症対策は万全にしてくださいね。

この暑い中、生徒は毎日夏期講習頑張ってくれています。
皆さん、「睡眠」と「食事」はきちんととれていますか?この暑さの中、体力を保持して頑張るには、
この二つが一番大切だと思います。特に朝ごはんは食べないとパワーが出ないですよ?
(谷中は体重がガンガン減っています♪不規則な生活は健康にも悪い!!)
少し生活リズムが崩れているかな、と思った人、勉強時間の目標を立てる前に、就寝時間、起床時間の目標も決めましょう!

先日生徒に言われて気付きましたが、今年は『平成最後の夏』になります。
まぁ、何か変わるわけではありませんが・・・
あと1カ月、皆にとって実りのある、充実した夏にしていこう!!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

「基本」に楽はない

みなさんこんにちは。個別指導塾の学習空間、東村山北教室・東大和教室の堀田です。

今週、来週とテスト対策の為日曜開校となりますが、本日は部活や試合もあり、来れない生徒も多いかなというところです。

さて、標記の件ですが、ここ一、二年の間に「勉強法がわからない」「暗記の仕方が分からない」というお話を新規面談で伺うことが多くなったように感じます。

こうした「方法論」については受験についての自己啓発本やテクニック本が数多出版されているわけですが、なぜこうした悩みがなくならないのでしょうか。

原因は2つです。

第一に、勉強法自体をいろいろと試していないケースがあります。

「色々とやっているんですが…」と言う場合もありますが、だいたい2~3種類しかやらず、それも毎日継続して2ヶ月程度(およそ定期試験一回分の範囲)やり切るというところまで行けないことがほとんどです。

また、時折あるのが、塾へきても我流で勉強しようとする場合です。ノートの使い方や、図の書き方、やり直しの仕方等、色々とあるのですが…

これは「そのやり方だったから、今までうまくいかなかったのでは?」という話ですが、入塾後、すぐに切り替えられない生徒をかなり見てきました。

第二に、基本を習得するのに楽な道はないということです。

これも入塾時の面談でよくお伝えしています。

スポーツでもまずは筋トレや走り込みで体力をつけることが多く、そのほとんどは楽しくないでしょう。

勉強もそれと同じで、所謂「勉強体力」が身に付くまではそれなりに苦労しますし、個人差があります。

1500メートルが6分を軽く切るような人が3キロ5キロを走ってもそんなにつらくありませんが、

ケガをしてずっと車イスだった人が突然走ろうとしても難しいでしょう。

まずはリハビリから始めることになります。リハビリが終わって初めてトレーニングができます。

そして一定の量を継続しない限り、成果が出るのは遅くなります。

暗記で言えば、小学生のころから好きな本はほぼ覚えてしまったり、詩の暗記をしたり(させられたり)ということがあれば、

必要なトレーニングの量もペースも変わりますし、「勉強体力」があるか否かで、繰り返す回数、チェックの必要数も変わります。

私たちは、その地点の学力から、どう行けば最短で目的地に着くようにルートを探しますし、駅伝のように後ろから中継車で並走もできますが、生徒の代わりに走るということはできません。

前述のトレーニングで言えば、いくら監督が筋トレをしても、選手の体力が増加しないのと同じです。

月末の定期試験から夏休みまで幾分余裕がありますから、夏期講習までに、自分の「正しい」型(フォーム)を考える機会かもしれません。

それでは失礼いたします。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

都立高校説明会に向けて

みなさんこんにちは。
個別指導塾の学習空間、東村山北教室・東大和教室の堀田です。

1学期中間テストを迎えつつあります。
既に終了した学校、まだ時間のある学校と様々ですが、カリキュラムをしっかりやりきれば、2週間から10日前には試験範囲は1周しています。
後はワークの周回で定着を図るだけですから、初見の単元というのはまずありません。

この時間を確保することに意味があるのです。

そして、「初見の単元がない」から「自分でも演習ができる」=「自学自習の習慣」が身に着くのです。

また、今回は範囲が狭いので、数学などは「トレペもワークも新中門もやりつくしたけど、どうしよう?」という生徒もいますが、
これは最高の「どうしよう」です。やることをやりきってしまえば、自信を持って他の科目に力を注ぐ余裕が持てます。
初めての生徒はこの「余裕」に戸惑うのですが、この感覚を受験前に得られるように、今の内にぜひ体得してもらいたいと思っています。

さて、余談が過ぎましたが、表題の件です。
昨年は五月末日でしたが、そろそろ東京都教育委員会のホームページに都立高校の学校公開及び説明会の予定が順次掲載されます。
学校によっては各校のホームページに既に掲載されているところもあろうとは思いますが、早めのご確認をおすすめします。
志望校の決定は学習のレベル、量、ペース、何よりモチベーションに影響しますので、まだ全く決まっていない場合はこちらも検討をおすすめします。

それでは失礼いたします。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

新学期スタート

皆さんこんにちは。

個別指導塾の学習空間、東村山北教室・東大和教室の堀田です。

いよいよ新学期がスタートします。

ほとんどの学校が、先週の金曜、今週の月曜に入学式のようです。

受験前のあの熱量と勢いが落ち着き、逆に寂しい気持ちもします。

今年度も、新しい生徒、現在在籍の生徒、そして受験生と、目標は各々あれど志は一つとなって取り組んでいきます。

そして受験生にとっては大変苦しい言葉、「受験生だから」が解禁されますが、

そのプレッシャーに対して「自分は大丈夫」と思えるようにひとつずつマスターしていきましょう。

 

 

現在、どちらの教室も受験生(新高1)が卒業する中、新規のお問い合わせをたくさんいただいております。

学年によっては早期に満員になるところもありますので、お早めにお問合せをお願いいたします。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/tokyotama/”>東京多摩の塾なら個別指導の学習空間</a>

 

 

 

何かが終わったときには

「次の何かは既に始まっている」

皆さんこんにちは。個別指導塾の学習空間、東村山北教室、東大和教室の堀田です。

東京都立高校入試の結果が出ました。 生徒それぞれの進路もすべて決まりました。

初めに、残念ながら力及ばず第一希望に届かなかった皆さん、よくやり切ってくれました。本当にありがとうございました。

厳しいながらも最後まで挑戦して、私たちが用意したキツいカリキュラムも全部こなした事実はなくなりません。

また新しい環境で頑張ってください。

次に、第一志望に合格した皆さん、おめでとうございます。

最初からの第一希望に合格した方、最後に調整をした方、色々なケースがあると思います。

皆さんは、希望した環境を手に入れることが出来ました。

しかし、「手に入れること」が目的であったわけではないはずです。

この環境で「何をしたかったのか」をこの一ヶ月でしっかり思い出してください。

本当におめでとうございます。

受験生の皆さん、並びに保護者の皆様、一年間本当にありがとうございました。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

内申獲得へ向けて、最後のひといき

皆さんこんにちは。個別指導塾の学習空間、東村山北教室・東大和教室の堀田です。

東村山北教室は定期テストが終了しました。東大和は後2校が残っています。

本日、東村山北教室の中学3年生と2学期期末考査の範囲について予想をしました。

2学期期末考査は、およそ6週間後なのですが、膨大な範囲になるのではないかという予想が出ました。英語と数学は例年通りのペースですが、国語、理科、社会がとても広い、乃至深くなるだろうという結論でした。
みんな受験生としての意識が向上しています。
また、10月は英検・数検・漢検が控えていますので、各自日程を確認して計画を立てなくては、という所です。

考査が終わった皆さんは、明日の日曜はしっかり休んでください。

それでは失礼いたします。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

ちょうど1ヶ月

個別指導塾の学習空間、羽村&東村山南教室の中島です!

タイトルにもありますが、東村山南教室がオープンが7/12ですので、
ちょうど1ヶ月が過ぎました。

正直この1ヶ月が目まぐるしく速い気がしてなりません。

私だけがひとり相撲的に勝手に目まぐるしくしているだけかもしれませんが・・・

この夏の講習で皆さん本気モードに入った生徒さんもいれば、まだまだな生徒さんもいたりと、
色々な生徒さんがいますが、中3生はもう意識を変えていく必要なタイミングです。

高3生は1度受験を経験しているので、もう事前の意識は大丈夫だとは思いますが、
中3生のほとんどの生徒が人生初の受験でしょう。

でもほとんどの中3生は、「意識を持てって言われても、何を?どうしろ?」と思っていることでしょう。

では何をすべきか?

それは、意識(考え方)を変えていきましょう!

この夏でまず変えてほしい意識は1つ「どうせ明日があるから、明日でいいじゃん!」という考えはなしです!

明日、明日と先延ばしにしても、1日1日やることがあります。
やることがたまり消化不十分のまま進むしかなくなり、全く身に付いていないままただ時だけが過ぎます。
(この私自身の中学1・2年がそうでした。)

それでは決していい結果を生み出すはずがありません。というか、いい結果にはなりませんでした。
なので、1日1日大事にし、やるべきことをやっていきましょう!
本と些細な小さなことですが、
意識を変えられることが、小さな成功になります。

この小さな成功が積み重なれば、やがて大きな成功を導いてくれます。

なので、あと約2週間ですが、「1日1日を大事に取り組む」という意識でこの夏を取り組んでいきましょう。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間